FP資格を確実に取得したいなら、選ぶべき学習法は通信講座
そんな通信講座のメリット、そして選び方を紹介!

FP(ファイナンシャルプランナー)は通信講座がマル!

 



FP試験の難易度を分析する

次ページで詳しく紹介しますが、目指すべき2級FP技能士試験は学科と実技の2科目があり、各科目毎の合格も認められるものの、それぞれに合格しない限り2級FP技能士の資格を得ることはできません。
そんな2級FP技能士試験の難易度を合格率から推察してみましょう。下記に直近5回の科目別合格率及び同時合格率を紹介します。

 

【2級FP技能士試験合格率の推移】

実施年月 受験者数 合格者数 合格率
平成26年5月  
学科試験結果 14,577人 6,327人 43.40%
実技試験結果 10,698人 6,663人 62.28%
同時受験結果 10,023人 4,192人 41.82%
平成26年1月  
学科試験結果 15,683人 4,934人 31.46%
実技試験結果 13,068人 7,833人 59.94%
同時受験結果 11,909人 3,881人 32.59%
平成25年9月  
学科試験結果 14,214人 5,820人 40.95%
実技試験結果 11,546人 5,601人 48.51%
同時受験結果 10,705人 4,012人 37.48%
平成25年5月  
学科試験結果 13,509人 6,459人 47.81%
実技試験結果 9,917人 5,814人 58.63%
同時受験結果 9,330人 4,029人 43.18%
平成25年1月  
学科試験結果 14,470人 4,059人 28.05%
実技試験結果 12,129人 6,950人 57.30%
同時受験結果 10,961人 3,298人 30.09%

 

目指すは初回挑戦による同時合格!

上記が2級FP技能士試験、直近5回の合格率です。ちなみに、5回の平均合格率は、学科試験が約40%実技試験が約55%、そして、同時受験が約35%という結果となりました。

この合格率を見てどう思われるでしょうか。学科単独なら3人に1人実技も半分以上が合格できる計算です。そう考えると、挑戦すること自体を迷うほど敷居の高い試験であるとは思えません。

しかし、どうせ挑戦するなら1発でしかも同時合格を目指してみてはどうでしょうか。ご覧のとおり、2級FP技能士試験は年3回実施とチャンスの多い試験ゆえ、学科と実技を個別で合格しようと計画される方が多いのも事実です。

そこで懸念されるのはインターバルです。初回で学科に合格し、実技の合格を狙う次回の試験までには3~4ヶ月のインターバルが存在します。その期間、初回に試験に挑む高いモチベーションを再び維持出来るかというと、これがなかなか難しいのです。ましては学科で合格した場合、気の緩みが起きてしまう可能性が実に高いものなのです。

通信講座のカリキュラムは、学科・実技を同時合格できるよう効率的に構成されています。せっかくモチベーションを高めて学習を始め、試験に向かって勧めていくのですから、同時受験するのがもっとも効率の良い取得法です。

上記合格率の推移でも同時受験の合格率は35%と、3人に1人以上の方が合格しています。もちろん、カリキュラムが充実した通信講座を選ぶことで、あなたがその3人の内の1人になることが可能なのです。そのためにも、じっくりと通信講座を吟味し、あなたに最適が通信講座を選び出して下さい。


>>FPに短期間で合格できる勉強法なら、通信講座のフォーサイト

1:FP資格は通信講座が効率的

2:通信講座は社会人に最適な学習法

3:もっとも効果的な通信講座とは?

4:通信講座選びにおける御法度

5:通信講座にも弱点がある

6:FP試験の難易度を分析する

7:2級FP技能士試験の概要

8:最短合格を目指す学習日程モデル

9:復習を楽しくする方法とは

10:学習環境を整備する




人気の通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
【無料資料請求はこちら】

【No.2】四谷学院

予備校も運営しているので、多少コストはかかりますが、充実したサポート体制を備えています。
【無料資料請求はこちら】

【No.3】クレアール

教材、カリキュラムとも目立った特徴はありませんが、基本をオーソドックスに押さえた内容です。自分なりの勉強方法を持っている人向き。
【無料資料請求はこちら】