FP資格を確実に取得したいなら、選ぶべき学習法は通信講座
そんな通信講座のメリット、そして選び方を紹介!

FP(ファイナンシャルプランナー)は通信講座がマル!

 



通信講座は社会人に最適な学習法

このサイトでは、もっとも効率的な学習法として通信講座をお勧めしています。AFP資格が取得できない独学はもっともながら、なぜ資格予備校ではないのか。これには、FP(ファイナンシャルプランナー)資格の取得を目指す方の年齢と立場といった受験者層が関係しています。

FP技能士とAFP資格のいずれも、受験する多くが20~40代の社会人の方々です。もちろん、社会人であればその大半が平日昼間は仕事に従事していることでしょう。また、公務員でもない限り毎日定時に退社することなど、不況による人手不足で個人の業務が増大する昨今では、ほぼ不可能といえます。

 

社会人に敷居の高い資格予備校

例えば19時半から始まる資格予備校の講義に毎回遅れずに受講出来る人などいるでしょうか。授業への遅れは学習の遅れとなり、それが続けば学習意欲の低下へとつながります。事実、満足に通学できないことから、多くの社会人が学習自体に挫折してしまう例も多いということです。

また、資格予備校への受講でもっともハードルが高いのが、10~15万円程度の高額な受講料です。不況により家計が厳しい今、いかにスキルアップを目的とした資格試験の学習のためとはいえ、簡単に捻出できるものではありません。

対して通学の必要がない通信講座は、自分の好きな時間で好きなペースで学習できる自由な学習スタイル。また、受講料も予備校の半額程度とリーズナブル。時間的にも金銭的にも、社会人向けの学習方法といえるでしょう。
しかし、未だ通信講座に「安かろう悪かろう」というイメージを持った方もいると思われます。それは、今の通信講座のクオリティをご存じないのでしょう。

近年の出題傾向が反映され合格に必要なポイントのみが集約されたコンパクトなテキスト。そして、通学講座同様に講師からの講義を視聴できるCDやDVDの講義メディア。さらには、PCや携帯電話のネット環境を利用した学習システムなど、今の通信講座のカリキュラムは資格予備校に決して劣りません。

時間的拘束、受講料、そしてカリキュラム。そのすべてを比較した上でこう断言します。通信講座こそ、もっとも社会人に適したFP(ファイナンシャルプランナー)資格取得のための学習方法である! と。


>>FPに短期間で合格できる勉強法なら、通信講座のフォーサイト

1:FP資格は通信講座が効率的

2:通信講座は社会人に最適な学習法

3:もっとも効果的な通信講座とは?

4:通信講座選びにおける御法度

5:通信講座にも弱点がある

6:FP試験の難易度を分析する

7:2級FP技能士試験の概要

8:最短合格を目指す学習日程モデル

9:復習を楽しくする方法とは

10:学習環境を整備する




人気の通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
【無料資料請求はこちら】

【No.2】四谷学院

予備校も運営しているので、多少コストはかかりますが、充実したサポート体制を備えています。
【無料資料請求はこちら】

【No.3】クレアール

教材、カリキュラムとも目立った特徴はありませんが、基本をオーソドックスに押さえた内容です。自分なりの勉強方法を持っている人向き。
【無料資料請求はこちら】