FP資格を確実に取得したいなら、選ぶべき学習法は通信講座
そんな通信講座のメリット、そして選び方を紹介!

FP(ファイナンシャルプランナー)は通信講座がマル!

 



学習環境を整備する

通信講座の選択と同様に学習を始める前にやっていただきたいことがあります。それは、学習環境を整えるということです。これは単に掃除をすれば良いということではなく、戦略的に学習の環境を整備するという提案です。

まず、学習の場となる部屋から誘惑要因を排除すること。みなさんの部屋にはテレビやパソコン、そして雑誌や漫画といった誘惑要因が多く存在しています。学習開始から1時間も経ち、飽きてくるとそれら誘惑要因に手を伸ばしてみたくなるのが人間です。ならば要因の根本から断ち切ってしまいましょう。

まず、テレビは主電源のみならずコンセントから抜いてしまう。パソコンもワンタッチで起動できないよう、バッテリーを取り外してしまえば、取り付けが面倒になり立ち上げようという気は起こらないはず。

また、雑誌や漫画は思い切って処分してみてはどうでしょうか。捨てられないというなら、押し入れの中などに仕舞っておくなど、とにかく、少し手を伸ばせばそれら要因にアクセスできることを防ぐことが重要です。

 

1日2時間携帯電話の電源を落とす

さて、もっとも注意すべきが携帯電話の存在です。携帯はこちらからアクセスしなくても先方からの電話やメールの着信があります。しかし、1日のうちわずか2時間の学習時間で電話を受けたり、メールを返信しないからといって大きな問題が起こる可能性はどれほどあるのでしょうか。

2級FP技能士の試験学習は長くて半年程度の期間です。半年の間、1日2時間携帯電話の電源を落としていたからといって、何らかの問題が発生するとは思えません。些細なメールのやりとりで集中を切らすより、その2時間を学習の没頭することで、半年後には人生が変わっているかもしれません。

5万円程度の予算を投下し半年間学習を積み重ねる。これが出来るかどうかで、みなさんがFP(ファイナンシャルプランナー)という、これから活躍が期待される資格を所有できるか否かがわかれるのです。一生のうち半年間を頑張れるかどうか。それはみなさんの意識の持ち方ひとつなのです。


>>FPに短期間で合格できる勉強法なら、通信講座のフォーサイト

1:FP資格は通信講座が効率的

2:通信講座は社会人に最適な学習法

3:もっとも効果的な通信講座とは?

4:通信講座選びにおける御法度

5:通信講座にも弱点がある

6:FP試験の難易度を分析する

7:2級FP技能士試験の概要

8:最短合格を目指す学習日程モデル

9:復習を楽しくする方法とは

10:学習環境を整備する




人気の通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
【無料資料請求はこちら】

【No.2】四谷学院

予備校も運営しているので、多少コストはかかりますが、充実したサポート体制を備えています。
【無料資料請求はこちら】

【No.3】クレアール

教材、カリキュラムとも目立った特徴はありませんが、基本をオーソドックスに押さえた内容です。自分なりの勉強方法を持っている人向き。
【無料資料請求はこちら】