FP資格を確実に取得したいなら、選ぶべき学習法は通信講座
そんな通信講座のメリット、そして選び方を紹介!

FP(ファイナンシャルプランナー)は通信講座がマル!

 



FP資格は通信講座が効率的

サイトへのご訪問を有り難うございます。
このサイトは、今、まさにFP(ファイナンシャルプランナー)資格を取得するための学習法をどれにしようかとお悩みの方を対象にしたサイトです。

結論から申しあげます。FP(ファイナンシャルプランナー)資格の取得には通信講座がもっとも効率的な取得方法といえます。資格試験の学習法にはその他、独学や資格予備校への通学という手段がありますが、FP(ファイナンシャルプランナー)資格に関しては、特に通信講座がお勧めなのです。

その理由は、ちょっとややこしい日本のFP(ファイナンシャルプランナー)資格制度がかかわってきます。現在、日本には2種類のFP(ファイナンシャルプランナー)資格が存在していることをご存じでしょうか。

 

独学ではAFP資格の取得は不可能

まずひとつめは、厚労省が認定し(社)金融財政自省研究会(金財)が運営する国家資格の「FP技能士」(1、2、3級)。そしてもうひとつが、日本FP協会が認定・運営する民間資格の「AFP」です。なお、AFPの上級資格には「CFP」という資格も存在していますが、このサイトではAFPに限って説明します。

一見すると、国家資格であるFP技能士の方が魅力的に感じるかもしれません。しかし、AFPの方が歴史が古く、国際的にも通用する資格であるため、一般的な認知度、そして人気となればAFPに軍配が上がります。

また、AFP資格の取得には日本FP協会が認定する認定研修機関にて「AFP認定研修」を受講し修了する必要があり、その認定研修機関が資格予備校であり通信講座なのです。つまり、AFP認定研修を受講することができない独学では、人気の国際資格AFPを取得することはできないのです。

なお、AFPの認定研修機関である資格予備校と通信講座には、いずれも、FP技能士&AFPの同時取得が可能な講座が存在しています。つまり、AFP認定研修を受講しつつFP技能士試験の受験学習が可能ということ。

となれば、後発の資格とはいえ、国が認定する国家資格のFP技能士資格を取得しない手はありません。ちなみに、3級FP技能士はFPの基本であり2級の学習過程で学ぶことが可能です。つまり、このサイトでみなさんに提案するのは、AFP&2級FP技能士の同時取得です。

さて、AFP資格の取得のため学習法から独学は外れたものの、まだその候補に資格予備校への通学と通信講座の受講の2通りが残っています。「通信講座が効率的」というタイトルの説明にはなっていませんね。では、次ページで、通信講座がもっとも効率的な学習法である理由を、資格予備校と比較することで説明していきましょう。


>>FPに短期間で合格できる勉強法なら、通信講座のフォーサイト

1:FP資格は通信講座が効率的

2:通信講座は社会人に最適な学習法

3:もっとも効果的な通信講座とは?

4:通信講座選びにおける御法度

5:通信講座にも弱点がある

6:FP試験の難易度を分析する

7:2級FP技能士試験の概要

8:最短合格を目指す学習日程モデル

9:復習を楽しくする方法とは

10:学習環境を整備する




人気の通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
【無料資料請求はこちら】

【No.2】四谷学院

予備校も運営しているので、多少コストはかかりますが、充実したサポート体制を備えています。
【無料資料請求はこちら】

【No.3】クレアール

教材、カリキュラムとも目立った特徴はありませんが、基本をオーソドックスに押さえた内容です。自分なりの勉強方法を持っている人向き。
【無料資料請求はこちら】